読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWSと生きる365days

NEWSファンで手越担 ୨୧

私がNEWSファンになるまでの道のり①

今日からBlog始めてみます!

なぜBlogを始めようかと思ったかというと文章や小説などの活字を読むのがそもそも大好きで、読むのが好きなら書いてみようと思ったからです。
そしてこのNEWSファンとしてのBlogを始めるならまずは自己紹介から…と思ったのでまずはなぜNEWSファンになったか書いてみます。
今は熱心なNEWSファンですがそんな私がファンになった時なので過去の話になります。
自己紹介をすると栃木県在住の手越担です。
掛け持ちはせず、以下に書く道のりでNEWSファンになってから現在までNEWSのみを応援しています。
 
さて、私がNEWSファンになったきっかけを振り返ると古株と言えるほど長くもなく新規と言うほど短くもない時期なんですよね。
私は6人時代と言われている現メンバーに山下智久錦戸亮がまだ在籍していた頃ファンになりました。
時期的にはシングル曲の太陽のナミダがリリースされ2008年から2009年のNEWS WINTER PARTY DIAMONDのコンサートが開催されていた頃です。
そもそもの私は学生時代はジャニーズからは無縁な生活を送っていました。
友人にもジャニーズファンがいなかったのもあって、一番ジャニーズに熱を上げるべき学生時代は残念ながら全く興味すらありませんでした。
そのためNEWSがデビューしたのは私が高校生の時でしたが(これで言いたくないのにある程度の年齢がバレちゃいますね…)印象が皆無で、嘘ではなく本当に何も覚えていないのです。
中学生の頃バレー部だったためバレーボールワールドカップ2003は見てはいましたがなぜ歌い踊るジャニーズが必要なのか??と、アンチに近い感覚はあったようには思います。
その頃よく質問された「嵐の中で誰が好き??」という質問も誰って顔と名前一致しないんだけど…くらいの感覚で、NEWSファンになるまで櫻井くんと相葉くんの違いが分からなかったくらいの絶望的状況だったのたしかです。
そんな状況で高校生、専門学校の時に好きだったアーティストは浜崎あゆみ倖田來未BOA宇多田ヒカルなど女性アーティストでコンサートも行きましたが、ジャニーズのコンサートは皆無でした。
そのためこの頃の友人は私がNEWSファンになった時に尋常じゃないほど驚いていましたね。まさか!私に限って!といった感じだったみたいです。
話は逸れましたが…そんな私がなぜNEWSのコンサートに行ったのかというところですがやはり周りの影響は大きいですね。就職した職場が女性がほとんどでその周りの先輩のおかげと言っていいと思います。
今もジャニオタが非常に多い楽しい職場ですが、私が就職して2年目頃急激に職場で話題になったジャニーズグループがいたのです。
それが今はなきYOU&Jの一員、関ジャニ∞でした。関ジャニ∞がおもしろくてかっこいいよね!と言っていた先輩2名が転がり落ちるようにエイターになり、さらにそこから私の同期を含む2名がものすごいスピードでエイターになりました。コンサートで生の本人を見たことによる雷に撃たれたような衝撃で一瞬でエイター。
ほんの1ヶ月くらいの間にエイターが4人も誕生したのです。
そこではまだ私はジャニオタではありません。なんなら冷静にその状況を見ていましたから。
でも、その4人のエイターと私は職場で仲のいい間柄だったので関ジャニ∞というグループの素晴らしさ、曲のよさ、メンバーのプロフィールはかなり聞いていてDVDまで一緒に見て関ジャニマニアくらいの知識を得ていました。
そこまで一気に関ジャニ∞への熱を上げるジャニオタ達の行動力は凄まじいというのは私も今現在ジャニオタをしているのでよく分かるのですがその頃、関ジャニ∞が47都道府県を回るという素晴らしいツアーを行うことが決まりました。
まぁ、、、それは行きますよね。遠征もしようと盛り上がる4人。オーラスは沖縄。沖縄最高じゃん!沖縄行こう!……こういうの楽しいですよね。そして計画を立てるエイター、それをうらやましそうに眺める私。
え?行く??コンサート見なくても一緒に行く?というお誘い……沖縄に行ってみたかった私はすぐさま行きますのお返事。
エイターでもなくチケットもないけど楽しそうだからついて行くという展開です。
そしてこれ、実は翌年も同じ状況で大阪に行きました。みんながコンサートに参加している間、1人で観光して待つっていうことを2年連続。これはこれで本当に本当に忘れられない楽しいいい思い出ですけどね。
ただ、大阪の時は大阪ロマネスクツアーと題されていて歌詞の場所を廻るという私にとってはわけのわからない場所や謎の公園、神戸の王子動物園、鳥貴族…挙げるとキリがないメンバーゆかりの地を観光したのは自分には興味もなく関係もないのにいまだに色あせず忘れられないのはやっぱり楽しかったからでしょうね。
私はNEWSのツアーが決まると必ず遠征するし、遠征は大好きなんですが遠征は楽しいって刷り込まれたのはきっとこれが影響しているんだろうと思います。
あれ、、、NEWSの話があっという間に関ジャニ∞の話になりましたが、こんなにエイターの近くにいて布教活動されたはずなのに私は関ジャニ∞のコンサートには一度も行かず、エイターにはなりませんでした。
そして転機は訪れます。今はなきYOU&J、これが素晴らしいシステムでNEWS、関ジャニ∞KAT-TUNの3グループのチケットがどれでも取れちゃう魔法のファンクラブ。
…これ今考えたらすごいですよね。そう、どれでもチケットが取れちゃうからNEWSのコンサートも行ってみようというというノリでチケットの申し込みをしたらものすごく余ってしまったのです。
いったい何名義申し込んだのかは不明ですが…とりあえず余ったから行く人を探していて行かない?とまたお誘いがありました。
その頃の私は関ジャニ∞には興味はなかったのですが山Pかっこいいなぁくらいの気持ちで山Pかっこいいとよく言っていたのでそこで私に白羽の矢が立ったのです。
関ジャニ∞のコンサートには一度も行かなかったくせにNEWSのコンサートは行くことを即決しました。山Pがそこまで好きだったのか…あの頃を振り返ってもそこはよくわかりません。でも私にとって運命の選択だったのはたしかですね。
そこから職場の先輩に振り付けができない人は他のファンに白い目で見られるよ!と脅されたので過去のDVDを借り…あ、実は他にまっすーファンがいたのでDVDは容易に入手できました。現在は東方神起のファンなのですがね、残念ながら。
それで曲を勉強してからコンサートに行こう!と思って借りたくせにオープニングしか見ずコンサート当日になったのはなんて最低な奴だ…と我ながら思います。
そのくせ当日には振り付けできなくて周りの人に怒られたらどうしよう…と恐れていました。それくらいジャニーズのコンサートに行くのは自分にとって敷居が高いものだったのです。
コンサート自体は関ジャニ∞の安田担の同期と行き、席はスタンドで後ろから数えた方が早いくらいの後列でバクステ寄りでした。
その席に私は内心ホッとしていて、これで多少振り付けが出来なくても許してもらえるだろう…と思っていました。どれだけジャニオタを恐れていたのでしょうか、でも冗談じゃなく本当に恐かったんですよね。
そういえば…初めてのジャニーズのコンサート。一緒に行った安田担の同期も関ジャニ∞しか行ったことがなかったのもあって、PARTYというツアータイトルと招待状風にチケットが来たのもあったので2人でこれはもしかしてパーティードレスを調達しなくてはいけないのでは??という脅迫観念に駆られ最後まで服装に迷ったのを思い出しました。
しかも2人とも関ジャニ∞以外には疎く【成亮】の団扇に誰なのか議論が巻き起こり、コンサート前に出た結論が【増田成亮】という人が絶対いたはずたという私のわけのわからない自信に満ちた回答により終結したのですが100%間違えていたとコンサート終了時には思い知りました。
これで分かるように私の人生初NEWSのコンサートは最低なことにメンバーの人数や名前、曲すらほとんど知らない状況での参加だったのです。
山Pと亮ちゃん以外は知らないということに関しては、もし今タイムマシンができて過去に戻れるなら平手打ちをしてきちんとメンバーのことを調べて曲も聴いてから行けと叱責してやりたい次第です。
いや……もし本当に技術が進歩して過去に戻れるならNEWSデビュー当時からファンになるよう自分を説得するでしょうけど。本気でこれは思います。デビューからファンじゃないことを悔やみますね。
 
長くなりましたがここまでが私がNEWSのコンサートに行くまでの道のりです。
コンサートに行って手越担になるまでを②に書きます。
需要があるとは思えませんが書きます…。