読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWSと生きる365days

NEWSファンで手越担 ୨୧ twitter@uu0915uu

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO感想

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTOが終了しましたね。
怪我なく無事に終了できたことをNEWSのファンとしてうれしく思います。
お疲れさまでした。
さて、ツアーも終了したことですし感想でも書こうと思います。
 
まず私が今回参戦した公演は、
札幌/真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
3/26(土)3/27(日)
静岡/エコパアリーナ
4/9(土)4/10(日)
宮城/セキスイハイムスーパーアリーナ
5/15(日)
広島グリーンアリーナ
5/28(土)5/29(日)
東京ドーム
6/11(土)6/12(日)
…となります。
全部で9公演。こうして書き出すとなかなか多いですね。
 
そして、終了したからネタバレできるセットリスト。
 
QUARTETTO
ANTHEM
希望〜yell〜
チュムチュム
KAGUYA
太陽のナミダ
Happy Birthday
チェリッシュ
LIS'N : 増田貴久ソロ
Touch
NEWSKOOL
weeeek
Departure
【MC】
愛言葉
Theme of "QUARTETTO”
四銃士(東京ドームのみオーケストラ)
星をめざして(東京ドームのみオーケストラ)
愛のエレジー : 小山慶一郎ソロ
Encore : 手越祐也ソロ
I・ZA・NA・I・ZU・KI
Wonder
NEWSニッポン
ライフ(東京ドームのみ)
サヤエンドウ
恋のABO
TEPPEN
NYARO
ヒカリノシズク
【アンコール】
ONE
さくらガール
恋祭り
【ダブルアンコール】
weeeek(東京ドーム2日目のみ)
 
これをふまえた上で感想など書いてみようと思います。
NEWSのファン1人としての個人的な感想ですので批判などはご遠慮ください。
まず、今回のコンサートですがセットリストを見ると分かりますがシングル曲が多いですね。
セットリストに含まれていないシングルを数えたほうが早いくらいでした。
そこが私には少し物足りなかったです。
それは私がNEWSのファンになって7年という年数が経つという事やシングルは過去のコンサートで聴いてきているという部分が大きいと思います。
今回のコンサートが初めての方は最新のアルバムを聴いてくればあとはほとんどシングル曲になるので知らない曲ばかり…と置いてきぼりになることはないでしょう。
NEWS LIVE TOUR 2015 WHITEに比べるとNEWSに詳しくなくても楽しめるコンサート構成だったと思います。
コンサートへのハードルを低く、最近NEWSを好きになった人も楽しめるコンサートに…そこを大事にしたのだろうということも分かります。
…が、私はテゴがパンフレットで書いたような昔の曲やカップリングが聴きたかったです。
ずっと周りの友人に聴きたい聴きたい言っている【Devil or Angele】とか【アリバイ】とか【Fiesta】【Best Friend】【why】、【Sweet Martini】は最高のカップリングって賞賛したので歌ってほしかったですね。あとは【愛はシンプルなカレーライス】も好きなんですよね。
 ……………
多いよ!!!!どんだけ挙げるんだ!!!!しかもマイナー曲すぎる!!!!って感じでしょうが好きなんですよ。
Devil or Angeleに関してはFAN SELECTION BEST の投票の時に1票を入れているくらい好きです。どうでもいいですね、はい。
でもこの私の好きな曲だって人によってはあまり…って人もいるだろうし、盛り上がる曲じゃないからコンサートに不向きって意見もあるかもしれません。それにかなり古いシングルのカップリングなんかは曲自体を知らない人もいるかもしれない。
全員が満足するコンサートを作るのは難しいから間違いも正解もないし、受け取り方もファン1人1人できっと違う。
だから今回のセットリストもNEWSがファンを想って一生懸命、精魂込めて作ったんだから素晴らしいことには間違いない。
こんないろいろ書いたけど結局は最高に楽しかったし、NEWSは輝いていましたから。
間違いないとは思いながらも感じたことを書きました。
これをたくさんいるNEWSファン1人の気持ちとして寛容に受け止めてもらえるといいな。
 
次はコンサートの内容に触れていきます。
コンセプトの明確さや一貫性に関して言えばNEWS LIVE TOUR WHITEがやはり卓越していましたね。
でも今回はQUARTETTOで4人組、四重奏という意味で4人で歌うことが大事であり、テーマやコンセプトは元々そんなに重視していなかったように思います。
 シゲがヒカリノシズクの前の挨拶で話していましたが、
「NEWSは4人になって4年が経ちました。ベストも入れると4枚のアルバムが出て4回目のツアーをやって、だからこそこのQUARTETTOが出きたんじゃないかと確信しています。僕たちはまだまだ高みを目指してがんばっていこうと思うのでこれからも応援よろしくお願いします。」
 これを聞くと、4という数字が何回も出てきます。4がNEWSにとって大事な数字であり、4人で音楽を奏でることが重視されていることが分かります。
これが今の4人のNEWS。
シゲの挨拶を聞くと、自己紹介じゃないけど「僕たちが4人で4年目を迎えたNEWSです!そしてこのコンサートの曲はNEWSの代表曲と4枚目の最新アルバムから構成させてもらってます!シングルも最新アルバムもどれも最高だろ?」っていう感じがします。
それをファンに見せるためにシングル曲を多くするのは必然だったのかもしれません。
今でこそ4人で歌うことが普通になっているけど6人が4人になり、歌割を引き継いで歌うことの大変さはかなりのものだったことは容易に想像できます。
4人で奏でる音楽……言葉にするのは簡単だけど4人になった頃には本当に4人で歌えるか心配しました。
2人の空いた部分を埋めるのはパート割だけではなく声量も変わるし負担は大きいことはファンでも分かります。
でもその穴を埋めながら4人で歌い続けて4年。
これもうドキュメンタリーじゃないか!!!!って思うほど重みのある4年だったな…って私も思います。
そんな今回のコンサートは今の4人が表現できていたのではないでしょうか。
かっこよく歌い踊りながらも可愛い部分ももちろんあります、アラサーなのに。コンサートをデート、ファンは彼女だから浮気すんなよーと言いファンを沸かせる。MCでは全員が自由で笑顔溢れる、笑顔全開のファンサも全力、そして明日からもがんばろうねーとファンの背中を押す。
…………………素敵すぎる、マジで。
こんなの書いていたらNEWSはどんなに人気になってもきっとファンに寄り添ってくれる。
一生大事にしてくれるんじゃなかろうか…
そう実感しました。
NEWSが大切にしてくれる曲愛言葉。
オルゴールから流れる愛言葉でファンが歌いメンバーが歌う、この辺りも一緒にコンサートを作る、NEWS=ファンの絆が表れていたように思います。
愛言葉を歌うNEWSの柔らかい、温かい笑顔は輝いていてファンを想う気持ちが表れていました。こんな優しいNEWSにずっとついて行こうと改めて思える瞬間です。
そんなNEWSが今回オーケストラと共演した東京ドーム公演は感激しました。
アリーナでの構成はこれを見据えていたんだ!!!!と。
フルオーケストラでやってくれたらいいな…と初日に思っていた夢が実現しました。
四銃士星をめざしてがオーケストラ演奏だったことは言葉には言い表せないほどの感動です。本当に美しく壮大でした。
NEWSの新しい挑戦。
いつもNEWSはいろいろなことに挑戦してくれてそれは私にとって励みになります。
4人になってからも活躍を続けるNEWSを見ていると限界は自分で決めてはいけないし、挑戦することが大事だと教えてくれている気がします。
いつもNEWSはコンサートで明日からもがんばれ!って言ってくれて背中を押してくれるけど、それに精一杯答えて人生生きていかなきゃ…と常々思いますね。
それはいつだって変わらなくてファンに寄り添うその姿が私は好きなんだろうな。
今回のツアーでアリーナと東京ドームは少しだけ動きが変わっていて、全体を回ることを意識していたように思います。
アリーナのこのブロックは距離が近いとかスタンドの上の方だからメンバーが遠いとかそういった気持ちをなるべく少なくする配慮があったんじゃないかな。
WHITEはアリーナもドームもその辺の不満をよく耳にしたから考えたのかな…と勝手に思っています。
分かりませんけどね。
でもNEWSはいつだって上のほうにも一生懸命手を振ってくれて、みんなに感謝の気持ちを伝えている気がします。
私はみんなありがとうって言いながらファンサしてくれる優しい笑顔を見るのが何よりも好きです。
あの笑顔は何事にも変えがたいと思っています。
 
さて、いろいろ書いたけどこれだけは間違いないから言いたい。
いつだってNEWSは最高なのです。
そして結果、今回のコンサートも最高でNEWSに背中を押された私も毎日をがんばります。
 
f:id:nonononews0903:20160613222802j:image
 
このグッズのペンライトは本当にかわいいし、美しく光る白い光は世界中どこの満天の星空よりも美しい光景でした。
またこの美しい光景を見れることを楽しみにしています。